こんにちは。
ごえん の 山田文美です。

10月から「紙とスマホの融合 商売繁盛コピーライティング実践講座2019」を開催します。

今年の5月6日に実施した「紙とスマホの融合で認知度ゼロから集客してみた。報告会」では、2人集客できればいいかなと考えていたところ、予定外に30名以上の方にお申込みいただき、その後も「他の開催日はありませんか」とお問い合わせを沢山いただきました。

今年から始めた新規事業の報告会でした。
何かノウハウを伝えるわけではなく、ただ認知度ゼロから集客したよという報告会ですから、どうして参加されたのだろう?と、私のほうが興味津々で参加者の方に質問してしまったくらいです。

「どうして、この報告会に参加してくださったのですか?」とお聞きしました。

すると・・・
自分の店も認知度がなくて、チラシやSNSだと思ったけど、どこから始めていいのか知りたい
ブログを始めたけれど、何を書いたらいいのか具体的に知りたい
SNSもブログも、一生懸命やってるのに、何を書いてもさっぱり反応がなくてつらい
苦手だから避けてきたけれど、そろそろスマホも無視できなくなってきたと感じている
SNSに何を書いたらいいのか、DMもマンネリだし、ブログもほったらかしで、もうどうしたらいいのか
ホームページの作り替えを業者に頼んだら、文章は自分で考えろと催促がくるけど書けません
グーグルマイビジネスを登録したけど、情報の所には何を書くの?
とお教えいただけました。

小手先のテクニックや、SNS操作の方法ではなく、文章のネタ作りや書き方を知りたくて参加された方がほとんどでした。そして、SNS、ブログ、HP、グーグル、チラシ、の使い分け方法がわからず頭がごちゃごちゃで自分の伝えるべきことが書けなくなっていたのです。

参加者の方が知りたいことは、まとめてみたら二つでした。
1. 集客するために、SNS・チラシ・HPどこに書いても反応がある、使いまわしのできる文章の書き方
2. SNS、グーグル、ブログ、ホームページ、チラシ、スマホの関係性と使い分け方法

そこで、「紙とスマホの融合 商売繁盛コピーライティング実践講座」の開催を決めました。
東京10月08日(火)
大阪10月15日(火)
一日講座ワークショップ開催(11:00~19:00)
11月 メール・電話・メッセンジャー等のテレビ電話による
添削とアドバイスのフォロー
12月 メール・電話・メッセンジャー等のテレビ電話による
添削とアドバイスのフォロー
1月
メール・電話・メッセンジャー等のテレビ電話による
添削とアドバイスのフォロー
講座会場にご参加いただくのは10月のみで、11月・12月・1月は通信での添削とアドバイスを受講いただけます。全日会場参加型の講座と比べると、ぐっと参加しやすくなっていますので、地方在住や家族営業などの方もぜひご参加ください。
チェック SNSやブログ、ホームページやチラシのネタが作れない
チェック 紙でもWEBでも、お客様が読んだら行動してくれる文章を書きたい
チェック スマホやSNSが苦手でも、なんとか集客につなげるアイデアが知りたい
チェック SNS、ブログ、グーグル、ホームページ、チラシ、使い分けができない
チェック スマホも無視できないのは分かるけど、何から始めたらいいのか途方にくれている
チェック グーグルマイビジネスを登録したけど、情報の所には何を書くの?

今回開催する講座に参加いただければ、これらの悩みがすべて解決します。

それどころか、無駄な販促費用が減りますから、あなたの店舗の粗利が増えます。SNSに費やす無駄な時間も減りますから、仕事がはかどり休息もしっかりとれるようになります。

5月6日の報告会では、「非常に具体的で、すぐに真似できます」「何を書いたらいいのかよく分かった」「本当に認知度ゼロからの集客だったんですね。驚きました」「お客様は何に反応するのかがわかった」「付加価値と言われてもピンと来ませんでしたが、やっとで価値の作り方=ネタ作りだと分かりました」など、具体性に対する満足が高い感想をいただきました。10月スタートの講座は、さらに具体性が増します。

10月から始まる講座では、もっと具体的な内容で展開していきます。
当講座は、毎年一回だけ開催する「コンサルティング付きの実践講座」です。
ご興味をお持ちの方は、お早目のお申し込みをお勧めします。

本講座を受けていただきたい理由は9個あります。
1. 参加者全員が、用意された同じ例題ではなく、自分自身の商材を題材にして取り組むので、即効実践できて売上になります。この講座はセミナーというよりも、個別コンサルティングに限りなく近い内容です。
よくあるセミナーは、受講者みんな同じ題材ですから、自店に帰ってきて自分の商材に応用することが難しく実践できないまま・・・という方が多くおられます。この講座は、そもそも題材が自分の商材なので、講座参加中に土台骨組みまで完成して持ち帰れるので、行動率が高く結果に早くつながります。どうして参加者全員が自分の商材を題材にできるかというと、個別コンサルティングと同じ方法で講座が進んでいくからです。全員同じことを知るだけの座学は、もう沢山受けられているのではありませんか? そのたびに「でも自分に当てはめようとすると時間だけがすぎて、結局いままでと変わらない・・・」という方は、ぜひご参加ください。
2. 作文が苦手でも大丈夫です。日常会話ができれば売れる文章は書けます。ネタだしワークシートがあります。
売れる文章を書くのに必要なのは、国語の成績や作文能力ではありません。小説家やライターになるわけではなく、商売の部品としての文章ですから、日常会話が出来れば充分です。
◆売れる文章を書くには簡単なルールがあります。
 A.商材サービスを決めたら、書くべきネタを集めます
 B.ネタを、お客様が知りたい順に配置します
 C.写真やイラストで文章補助をします
 D.お客様にしてほしい行動を教えて終わる
「売れる文章=伝えるべきネタ探し+お客様が知りたい順番に書く+文章補助+行動を教える」という4段構造で書きましょう。

売れる文章を書くのは、料理と似ています。手順通りに作れば、だれでも美味しく作れます。
 A.まず材料をそろえる
 B.次にレシピにそって順番に作る
 C.皿やテーブルセッティングなど盛り付けを工夫する
 D.食べ方を教えながら提供する

実は、売れる文章が書けない人のほとんどは、最初のネタ探しでつまづいています。だから、ネタ発見専用ワークシートを用意しました。講座中に、山田があなたにインタビューして、あなたの中にあるネタを発見していきます。インタビューに答えていくだけでワークシートがどんどん埋まっていきます。ネタは全部で72個見つかりますから、一つの商品サービスを売るのに、沢山の切り口で何度も売ることができます。一つの商品を多くの人に購入してもらうには、沢山の切り口を持つことが大切です。だって、人の困りごと好み興味は人それぞれだからです。ラーメンが、麺は同じでもスープとトッピングで違うメニューになるのと似ていますね。一つの商材でも、切り口を変えたら違うお客様が購入してくれるのです。
3. 事例1:経費6千円で120万の売上
従来はメーカーチラシの裏に割引価格しか書けなかった店主が、講座を一回受けただけで、11ページのDM文章が書け二週間でサクッと120万が売れてしまった。
 定価12万の商品が売れず困って25%OFFの9万円で既存顧客にDMを送っても売れない悩みをお持ちの状態で参加いただきました。ネタ作りワークに30分、店番をしながら文章ライティングをしてDMを作り直し、同じ既存顧客に送りました。今まで25%OFFで売っていたのと同じ商品を、同じお客様に定価で案内しなおしたのです。すると、二週間で120万をこえる売上になりました。(その後も問い合わせ販売につながっています)
 従来は、メーカーの一枚チラシの裏に、割引お知らせをしただけでした。本当に伝えるべき事柄が抽出できるワークでネタ作りをして、伝えなおしたら11枚ものDMが書けました。結果は上記のとおりです。
 昨今のお客様は、あっさり伝えただけで「これ欲しい!」とは思いません。あらゆるメーカーや店舗がアピール合戦を繰り広げており、お客様は販売側のセールスアピールに慣れウンザリしています。こうした状態でも、お客様が知りたいことに沿ったルールで文字を使って伝えれば、きちんと効果が出せます。人の脳は、文字が大好きなように進化しているからです。短くかっこいい文章を書こうとするよりも、伝えたいことをしっかりと伝えれば長い文章でもしっかり読み込まれ売上になります。短い言葉では、大切な事柄が行間の隙間からこぼれ落ちてしまいます。お客様に伝える文章は、日常会話が出来る人なら全員書けます。「何を書くか=ネタ」です。あなたの商品サービスには沢山の価値=ネタがあります。
 料理は素材に力があれば、調理方法は単純でも美味しくなります。売れる文章も同じです。商品特徴の価値(ネタ)出しをしっかりと行ったら、文章力という調理方法は単純な日常会話レベルでも売れる文章になります。
4. 事例2:平均単価8万円の小売店、2日に一度はスマホ検索から新規来店客がある
チラシは毎月たったの千枚だけだが確実に即購入客が集客できる。お客様のスマホ検索対策を考えネット上の文章を変えたことで、三ヶ月で新規集客に困らなくなった。
このご時世に、チラシ枚数が毎月千枚だけで集客出来て売れるのでしょうか? 売れます。チラシ文章を変えたことで、確実に集客出来て売れるようになりました。従来のチラシ販促の感覚なら、ここでじゃあ一万枚チラシをまこうとなりますが、経費が跳ね上がります。そこで、スマホ対策をしました。ホームページの文章を変え、沢山あるSNSの何を使うのか選別し、ネタ出しワークシートを使って文章を明確に決めました。ネット上にあげる写真も変えました。経費は低く低く抑えられ、コンスタントに新規客が集客できるようになったので、店頭接客もしっかり対応でき顧客満足度もあがり高単価購入につながっています。家族経営をされているので、売上がないと家族仲にまで影響がありましたが、今は全員機嫌よく毎日過ごせるようになっています。
 チラシの経費は毎月五千円ほど、スマホ対策は基本的に無料です。チラシ、SNS、HP、と文章は使いまわします。最初から使いまわせるように文章を書くから出来ることです。講座に参加されて習った通りに行動しただけです。
(1)商品に付加価値を付ける「ネタ作り」をワークシートで洗い出す
(2)反応したお客様を行動させるための、基本的な文章構成にそって書く
(3)反応率の改善を続ける
この基本に忠実に取り組まれています。
5. SNSが苦手でも、文章が下手でも、集客につながる文章を書けるようになるのか?
 書けるようになります。
 なぜなら、何を書いたらいいのかネタが沢山見つかり、どの順番で伝えたらいいかのルールにそって、日常会話の言葉で書くだけだからです。しゃれたセンスとか、天才的な閃きとか必要ありません。SNSの操作方法は当日は時間がないのでやりません。でも、SNSにもブログにもHPにもチラシにもDMにも使いまわせる文章が書けるようになります。ネタ出しワークシートを使う、お客様が知りたい順番に沿って書く、必要な写真を撮りためて使いまわす、とってほしい行動方法を教える、この四つを講座でお教えしますから、やってみるだけです。
6. 紙とスマホを融合させて集客・売上につなげているほんの一例をご紹介。
住宅地にある宝石店では、広告を一切していませんが、スマホ検索対策と、更新しないホームページで、新規客が来店しています。ニュースレターで安定したイベント集客もしています。
さびれてしまった商店街にあるメガネ店では、チラシは毎月千枚のみ、スマホ検索対策と自作ホームページで、二日に一回の新規客来店があり購入につながっています。ニュースレターとダイレクトメールで買い替え需要を作り出しています。
ライバル店の多い地域の塗装店では、二年間、内容がまったく同じチラシをまき続け、営業なし相見積もりなしで受注でき、今では半年待ちとなっています。
大手チェーン店の近くへの出店で客数が減ってしまった和食店が、半年に一回のチラシ文章を変え、それに連動してスマホ検索対策、ブログ・SNSへの商品紹介の文章を変え、対象顧客が地域から全国へと大きく飛躍しました。
手まきビラから始め、2ヵ月に一回のチラシでブログへ誘致して新規客が月平均40名をこえ、4年で売上3倍の家族経営薬店。ニュースレターと地域情報誌の小さな広告枠の文章を変えてのイベント集客は毎回百人以上が集まる。
LINEで配信する文章と写真を変え、チラシとニュースレターとスマホ検索対策の商材を絞り込み、同じ商材を違う切り口でなんどもアピールして新規集客と、リピート集客を一緒にしている薬局&化粧品店。
ブログで専門性をガッツリアピールすることで、ひとつの記事から何年も新規客からの問い合わせが続き、年に一回のみのチラシでも新規客からの問い合わせが続く。自分らしい商売を実現するために、新規問い合わせの約4割はお断りする地域家電店。
大手チェーン店が進出してくる中でも、スマホ対策とブログ文章見直しで毎週確実に新規集客があり、価格競争と無縁になったクリーニング店。ニュースレターの構成と文章を見直して高額メニューが売れるようにもなる。
ダイレクトメールの文章見直しと、ニュースレターの構成&文章見直しで、割引しても売れなかった商材を定価販売に変更して売上につなげている布団店。
売込みに対して規制が厳しい整骨院が、スマホ検索対策で新規集客につなげ、接客時の説明チラシとニュースレターの文章見直しでリピート率アップにつなげている。
不利な立地のカフェが、SNSの文章と写真見直しで、車で2時間範囲からの新規集客につなげている。持ち帰りのチラシや、SNS拡散を意識した紙メニューで、来店者からのSNS発信をしかけ更なる新規集客につながっている。
契約していた結婚式場が破綻して仕事がなくなり困っていたメイクエステ店。SNSの文章と写真を変え、来店時の紙メニューの文章の工夫と、お礼状の文章変更で、毎月の売上が安定する。出店料やリベート支払いといった経費もなくなり粗利も大きく改善している。
などなど、全国様々な業種から熱い報告をいただいています。従来のやり方では集客と売上作りがうまくいかなくなって、文章を変える所から始めている方ばかりです。
7. お客様が反応する文章が書けるようになるだけじゃない! SNSへの投稿スピードも上がる! 一回の投稿で画面を眺めて蝋人形のように固まっていたのが、書くネタが決まっているので毎日悩まずスラスラ書けてしまう。
 文章を書くのは、何を書こうかなぁ~と、毎回考えるから時間がかかるのです。何を書くのかが明確になっていれば、それは作業となり、こなすだけになります。考え込むのは、ネタ出しワークシートを使う時だけです。一回のネタ出しで、ブログやSNSへの投稿の8回分は確実に何を書くかが明確になります。多い人は20回ほどネタがたまります。SNSやブログを始めると、それだけ時間がとられます。ですが、これからの時代、宣伝する場所が無くなっていくのです。チラシを打つところも減り、紙媒体宣伝も減り続けています。(だからこそ、紙媒体をやっておくと有利な点もありますが)チラシ、ネット広告も併用しつつ、何よりも重要なのは、ネット上に自店情報を沢山のせておくことです。ネット上の情報が少ないのは、店がないのと同じことになっていきます。自分が有利になる情報をぐいぐい押し出す従来の、自己都合広告はお客様の共感も信用も得られません。お客様は自分で店や商品を選びたいし、「人」を見つけて会いに行きたいのですから。物と商品の情報だけではリアル店舗にお客様はやってこなくなります。「人」に何を書いたらいいのか、何を伝えたらお客様が共感してくれるのか、どう書いたら「あなたに会いたかったの!」と新規客がやってくるのかにもルールがあります。
8. 15年間の実践経験で、反応率の良かった文章に共通することをまとめたノウハウです。
 講座でお伝えするノウハウは、山田文美と全国60種以上の店舗が、実際に実践して結果が出た文章に共通する特徴をまとめたものです。机上論ではありません。ビジネス本や誰かのセミナー内容を模倣したものでもありません。文章の型というものは、何パターンかありますが、今回の講座では基本型をお教えします。私も、売る文章に迷ったら基本に戻って使っています。
9. SNSのコメントや、メールへの返信にも使えるノウハウですから、文章だけでお客様と良好な人間関係が作れます。
 色んな方のSNSやブログの投稿を読んで共感しても、コメントへの返信が「おしいなぁ」と感じることが多いです。お客様からのメールへの返信も同じです。お客様が知りたいことの順序にそって書くノウハウは、お客様からのコメントやメールに応用ができます。文章で思いを伝えるのが難しいのは、文字だけのコミュニケーション手段だからです。対面であれば、表情を見たり身振り手振りも使えますから、順番はあまり気にしなくてもいいですし、言葉が分かりにくかったかなと感じたら、すぐに別の言葉に言い直すこともできますが、メールではできません。メールでは冷たい印象だったのに実際に会ったら優しい人だった、なんて経験は、あなたにもあるかもしれませんね。こうした勘違いが起きないコメント返しやメール返信のノウハウも覚えられます。
今回の講座で、実際に学べる内容
東京:10月8日(火)、大阪:10月15日(火)
 一日講座ワークショップ(11:00~19:00)
数種類のオリジナル・ワークシートを用意します。当日書きこむものと、持ち帰り用のものと、同じものを二組用意してお待ちしています。
商品サービスで伝えるべきことが72個見つかる「ネタ出しワークシート」
キャッチコピー作成用、「三層深堀シート」
お客様が知りたい順序に沿った、「文章構成シート」
あなたのチラシやホームページは、お客様にどれだけ受け入れられているか?が数値化される「共感数値チェックシート」
お客様の気持ちを理解しながら、チラシ、ブログ、HP、文章主体の各種SNS、グーグルなど使い分けを決める「記入式スマホ検索相関図」
講座日から、通信講座終了までの日にちを有効に使うための「書きこみ式スケジュール表」等を使って講座を進めていきます。
まずは、刻々と変化しているお客様の気持ちを理解しましょう。
チェック グーグルは嘘をつく。お客様は、売り込みの広告にウンザリしている
チェック チラシとスマホ検索で共感を作り出すと集客につながる
チェック 宣伝する媒体が減っていく中で、自店存在を効果的にアピールする方法
チェック 文章主体のSNSやブログやグーグルの使い分け
チェック スマホやSNSの入り口は写真から
チェック スマホ検索で見つけてもらい共感してもらえる写真と文章の特徴
チェック チラシ等の自店の文章はどのくらい共感してもらっているのか?をチェックシートで数値化してみる
など、紙とスマホを使いこなすノウハウをお伝えします。

次に、自店商品サービスで、お客様に知らせるべき8つの事柄を明確にして、商品のウリを72個見つけていきます。ここでは、山田が、あなたに直接インタビューをしていきます。私は、あなたの中に眠っていた言葉を引き出しますから、その言葉をワークシートに記入していきましょう。他の参加者は、このインタビューのやりとりを聞くことで、自分の商品についての事柄が明確になっていきます。私のインタビューする時の言葉をメモされることもお勧めです。あとから、同じ言葉を自分自身に問いかけることが出来るからです。

最後に、11月~1月までの通信講座の日程調整をして終了します。

確実に実践して、効果的に売上につなげてほしいので、個別に宿題も出させていただきます。宿題をされるかどうかは自由です。強制するものではありませんが、いつもセミナー等に出てもなかなか結果につながらないのであれば、取り組んでもらうと確実に効果があります。宿題の中には、ど演歌チラシひな形も含まれますので、この機会に「ど演歌チラシ」を完成させたい、新しいバージョンを作りたい方も、ぜひご参加ください。
お申し込みはお早めをお勧めします。
実は、この講座の土台となった講座を2年前と3年前に開催して、定員12名のところ毎回約3倍のお申込みをいただきましたが、座学とは違うワークショップ形式のため定員を超えてからのお申し込みはお断りをさせていただいた方もございました。早めのお申し込みをお勧めします。
セミナーの詳細
日時 ■東京
2019年10月8日(火)
11:00~19:00
■大阪
2019年10月15日(火)
11:00~19:00
場所 JR東京駅八重洲口より
徒歩5分の会議室
(お申込みいただいた後に、
詳しくお知らせいたします)
JR新大阪駅より
徒歩5分の会議室
(お申込みいただいた後に、
詳しくお知らせいたします)
受講料 お一人様 96,000円(税別)
講師の直接インタビューにての「ネタ出しワーク」が受けられ、講師への直接質問もしていただけます。講座終了後も、三か月間の通信教育フォローが付いていますから、確実に文章が書き上げられ、紙とスマホを使いこなす実践ができます。
9月30日までにお支払いいただくと消費税は8%です。10月1日からのお支払いは消費税10%となります。
講座終了後に自由参加の懇親会を予定しています。(別途実費)
持ち物 筆記用具、自社のチラシやダイレクトメール、グーグル検索のできるスマホかタブレット
申し込み方法 お電話もしくは申し込みフォーム
問い合わせ先 株式会社ごえん 0573-64-8881
一次申込締切日 2019年9月21日(土)
最低実施人数 各回とも5名以上の参加希望者で開催となります。
開催決定が決まり次第、請求書を発行させていただきます。
キャンセルに
ついて
開催日から起算して15日前からキャンセル料が発生いたします
15日前~11日前 20%
10日前~
05日前 50%
04日前~ 当日0100%
繁盛店ワークショップ
「紙とスマホの融合 商売繁盛コピーライティング
実践講座」のお申し込みは以下から

よくあるご質問(Q&A)
 スマホとか苦手ですが、受講しても使いこなせるか心配です。
 苦手なことに取り組まれる姿勢が素晴らしいと思います。文章を書くために、自店商品サービスの価値を探し出し文章にする講座です。文章さえ書けたらチラシやダイレクトメールに使ってもいいですね。文章さえあれば、SNSの操作方法を習うだけですぐに投稿ができます。伝えたいことを文章にしてあれば、応用がききます。
 ブログにも使える講座ですか?
 もちろんです。スマホがお客様に定着したことで、ブログの重要性は高くなっています。スマホ時代のブログの書き方順序もありますので、それらも講座の中でお伝えしていきます。
 講座の様子を撮影してもいいですか?
 申し訳ありません。撮影は許可しておりません。今回は、音声録画もご遠慮いただきます。オリジナル性の高いノウハウとなりますのでご了承ください。
 SNSの操作方法なども教えてもらえますか?
 今回の講座では、時間に限りがあるため予定されていません。文章の効果的な書き方が中心の講座となります。各講座の翌日に、グーグルマイビジネスの使い方の基本セミナーがありますので、受けていただくと、相乗効果が上がると思います。
 「ど演歌チラシ」に取り組んでいますが、この講座で完成させることはできますか?
 宿題用のワークシートの中には、「ど演歌チラシ原稿用紙」も用意しています。本や従来の講座では無かった新しいツールです。アフターフォローの通信講座で個別に相談していただけるので完成できます。
 懇親会は強制参加ですか?
 いいえ。自由参加です。参加の方は、別途実費をご負担いただきます。懇親会に参加しなくても、アフターフォローの通信添削で個別に相談していただけますので、どうぞご安心ください。
 受講料の分割払いは出来ますか?
 基本的に事前一括払いをお願いしております。社内支払日規定の都合などがおありの方は、ご相談ください。
 チラシやホームページ作成もしてもらえますか?
 チラシ作成については、当日ご相談ください。ホームページやブログ作成については専門業者を紹介することが出来ます。ご希望などをお聞かせいただければ紹介対応いたしますので、当日お声がけください。
繁盛店ワークショップ
「紙とスマホの融合 商売繁盛コピーライティング
実践講座」のお申し込みは以下から

さいごにお伝えしておきたいこと
どうして、今、文章の書き方の講座をするのでしょうか。それは、人の脳は文字が大好きなように進化したからです。言語を作り出す脳を持っている私たちは、音楽に歌詞をつけ心を虜にします。文字を持たず、音である言葉だけでいろいろなことを伝えてきた状態が、言葉を文字に置き換えたことで情報伝達の広さ、速さ、記録される期間を飛躍的に伸ばしました。スマホが出現してきたときに、私は驚愕しました。スマホは目が見えなければ使うことが難しいからです。私には、スマホは人が作り出したのではなく、脳が作り出したと感じられました。もちろん、現在は音声操作できる部分も増えてはいますが、視覚に頼る部分のほうが圧倒的に多いままです。目は、私たちが胎児の時に、脳の一部が伸びて作られたものです。目は、脳なのです。スマホは目を通して、脳が大好きな文字を取り込めるからこそ、人々をあっという間に虜にしてしまい、手放せなくなっているのでしょう。では、紙が無くなるのか?というと、それもありません。紙にも文字がぎっしりと書きこまれているからです。デジタル本が生まれた時に、紙の本は無くなると言われましたが、無くなりません。スマホから目を通して脳に送り込まれる刺激と情報で、お客様の脳は忙しく、本を読む時間が減っているとは思いますが。文章を書くことなど、当たり前になさっているでしょう。でも、もう一度、スマホが出現して定着した時代だからこその文章の書き方を学びなおしてみませんか。きっと役に立つと思います。
今すぐ申込ボタンからのお申込みをお待ちしております。
株式会社ごえん
山田 文美
繁盛店ワークショップ
「紙とスマホの融合 商売繁盛コピーライティング
実践講座」のお申し込みは以下から

御社スタッフだけを対象とした、御社へ訪問しての
セミナーも行っております。
開催をご希望の方はお問い合わせください。