WEB時代には、ZOOM等のテレビ電話の問い合わせや、メールの返信や、SNS投稿への返信は、新規集客の主流になっていきます。「メール返信・SNS投稿への返信」が、お客様にとってのお店の第一印象になるのです。

メール返信、SNS投稿への返信が下手だと、次の段階につながりません。返信文章の出来いかんによって売上につながるかどうかが決まってしまいます。

お客様からのお問い合わせに、どんな言葉を、どんな順番に答えるか、といった「文面のルール」を社内で決めていますか?

お客様と直接対面の時には、それほど気にしなくてもいいことです。なぜならば、お客様の表情を見ながら話しが出来るからです。不安そうに話されているなら、まずは世間話をして場を和ませたり、納得できない表情であれば、違う言葉に置き換えてもう一度説明を繰り返すなどが出来ます。こうした、お客様の状態を感じ取って対話することで、営業マンや会社への信頼につながり、次回アポイントがとりやすくなります。

ところが、WEBからの問合せが増えている現在では、電話やメールへの返信、SNSへのコメントの返信、チャットなど、お客様の表情が見えない状態で対話するシーンが増えてきました。相手の表情が見えない状態で対話して、その後の予約へとつなげていくにはコツがあります。

例えば、相手の質問に答える前に、メールしてくれた行動をねぎらう一言が必要です。
返信するメールをよく理解してもらえるように、伝える順序を最初にまとめておきたいです。

簡単なルールでは、「!」ビックリマークは禁止、改行無しは読みにくいので禁止、主語不明なメールも禁止です。
また、LINEタイムラインとブログに同じ内容を書いたとしても、語尾の使い方に違いがあります。

建築業界においては、SNS運用が当たり前となってきています。だからこそ、メールやコメント返し、チャット時の文面において、細かな気配りが出来ているかどうかが、ライバル店との大きな差となってしまいます。

お客様からのメール問合せや、コメント返し、チャット時に、文面について悩むことがあるなら、このセミナーは役に立てると思います。毎回悩むことなく、一定のルールにそって答えることで、時間の節約にもなります。

主な内容は・・・
*問い合わせメールへのアプローチルールを作る
*書き始めは、相手の行動にたいする“ねぎらい”から始める
*使ってはいけない記号と言葉のルール
*改行のルール
*電話する必要があるときの手順
*一文に「、」は1つまで
*小学生2年生の国語が基本
などです。

チェック 問い合わせメールに返信したのに、その後につながらない
チェック 返信メールや、SNSコメント返信を書くのに時間がかかる
チェック 返信ルールを作っていない
チェック 質問別対応ルールを作っていない
チェック 返信ひな形をもっていない
上記に当てはまる方は、今すぐお申し込みください。

●オンラインWEBセミナー
ZOOMやメールから売上につなげる
WEBコミュニケーション術
日時 2020年
・7月15日(水)9:00~10:00
・8月20日(木)9:00~10:00
受講料 1回60分 6,600円(税込)
支払い方法 ■銀行振込
請求書を送付しますので期限までにお振込み下さい。

■カード決済
請求書をメールで送付します。
そこからカード決済ができます。期限までに決済して下さい。
申込み方法 ■下記の申込ページからお申し込みください。
 ↓
http://goen5.com/qa/

セミナーを申し込むにチェックを入れて、下方にある「お問い合せ」欄に、参加したい日時を記入して下さい。

■または、0573-64-8881 までお電話ください。
(10:00~17:00 日祝定休)